ページの先頭です

広報・広聴

水をおいしく飲む

 

●ミネラル

  水の味は、ふくまれるミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)の量によって、大きく左右されます。ミネラルが少ないとたんぱくになり、多いと苦みやしつこさを与えます。 おいしく飲める水は、ミネラルがひかく的少ない水で、軟水(なんすい)と呼ばれます。

●炭酸

  水に溶けている炭酸は、わき水や地下水に多くふくまれており、水に適度なさわやかさを与えますが、多すぎるとしげきが強くなります。ちなみに、東京の水道水は軟水(なんすい)で、適度に炭酸をふくんでいます。

●におい

  水を口にふくんだときに感じるにおいは、味を大きく左右します。においの主な原因にはそう類が作り出すかび臭(しゅう)や、消毒による塩素臭(しゅう)などがあります。かび臭は、粉末活性炭(ふんまつかっせいたん)や高度浄水処理(こうどじょうすいしょり)で取り除いています。浄水場では塩素の注入量を減らすように努力しています。

 水は冷やして飲むとおいしく感じられます。いっぱん的に10~15℃の水がおいしいといわれています。

 

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る