ページの先頭です

水道事業紹介

工業用水道事業の廃止について

質問: 工業用水道事業は、なぜ廃止することになったのですか。

回答: 都の工業用水道事業は、地盤沈下防止という行政目的のため、地下水揚水規制に伴う代替水を供給する事業として行ってきました。
その結果、昭和50年代以降、地盤沈下はほぼ沈静化し、所期の目的を十分に果たしてきました。
しかしながら、経営面においては、工場の移転、水使用の合理化等による需要の減少傾向が続き、料金収入が落ち込むなど、厳しい経営状況にあります。
このため、より一層の経営の効率化と財政の安定化を図りながら、将来に向けた抜本的な経営改革について、関係各局で検討を進めてきました。
その結果、都の工業用水道事業は、経営状況が厳しく、さらに配水管をはじめとした施設・設備の老朽化が進行し、大規模更新時期の到来が間近に迫る一方、お客さまの件数や使用水量は長期にわたり減少傾向にあり、今後も需要の増加が見通せないことから、令和5年(2023年)3月31日をもって事業を廃止することとなりました。

▲質問一覧へ

質問: 廃止はいつ決定したのですか。

回答: 平成30年第3回都議会定例会において、「東京都工業用水道条例を廃止する等の条例」(平成31年4月1日施行)が可決されたことにより、工業用水道事業の廃止が決定されました。

▲質問一覧へ

質問: 事業廃止になったことで、代替水は何になるのですか。

回答: 原則、上水道を想定しております。

▲質問一覧へ

質問: 工業用水はいつ供給停止になるのですか。

回答: 平成31年(2019年)4月1日から令和5年(2023年)3月31日の4年間で、工業用水道から上水道への切替工事を順次進めていき、令和5年3月31日をもって工業用水道の供給を終了する予定です。

▲質問一覧へ

質問: 事業廃止の決定に伴い、現在、給水契約中の工業用水道利用者に対して補償などはあるのですか。

回答: 事業の廃止に当たっては、上水道への切替に伴うお客さまへの影響を最小限にとどめることが必要であることから、「工業用水道事業の廃止及び支援計画」に沿って、きめ細かく対応していくこととしています。
詳細は下記のリンク先をご覧ください。

▲質問一覧へ

質問: 事業廃止により、何かする必要はありますか。

回答: 事業の廃止に伴い、必要となる上水道への切替工事等の詳細については、今後担当部署よりご案内させていただきます。

▲質問一覧へ

質問: 事業廃止により、料金はどのようになるのですか。

回答: 事業の廃止に当たっては、上水道への切替に伴うお客さまへの影響を最小限にとどめることが必要であることから、「工業用水道事業の廃止及び支援計画」に沿って、きめ細かく対応していくこととしています。
詳細は下記のリンク先をご覧ください。

▲質問一覧へ

質問: 上水道への切替工事は、いつやってもらえるのですか。

回答: 切替工事の時期については、今後お客さまとの間で調整させていただきます。

▲質問一覧へ

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る