ページの先頭です

くらしと水道

東京都水道局では計画的に漏水調査(巡回調査)を実施しています

 東京都水道局及び東京水道株式会社では、限りある水資源の有効活用や漏水による道路陥没等の二次災害を未然に防ぐため、計画的に巡回による漏水調査を行っています。
 巡回調査には、各戸の水道メータにおける漏水調査(各戸調査)と道路下の水道管の漏水調査(路面音聴調査)の二種類があります。
 各戸調査時にはお客さまの敷地内に立ち入る場合がありますのでご理解とご協力をお願いいたします。なお、調査に伴うお客さまの費用負担はありません。

【漏水調査のイメージ】

※1 水道局の漏水修理範囲でも水道局で漏水修理しないもの
  •   ・メータ口径50mm以上で、道路境界から1mを超える箇所の漏水
  •   ・公営施設の給水管で、道路境界から1mを超える箇所の漏水
  •   ・建物内の配管部分の漏水
  •   ・工事等の破損など原因者が特定できる漏水
  •   ・修理の際、植木等の移設、厚手のコンクリートこわし、重機等の特殊な機器を必要とする 掘削及び復旧を伴う漏水

各戸調査

 音聴棒や時間積分式漏水発見器を使って、道路から水道メータまでの給水管の漏水の有無を調べます。調査は全ての各戸水道メータ(集合住宅等の子メータは除く)で行います。
 ※ この調査は、お客さまの敷地内のメータボックスで行います。


音聴棒による漏水調査状況


音聴棒


時間積分式漏水発見器による漏水調査状況


時間積分式漏水発見器

路面音聴調査

 夜間に電子式漏水発見器を使って、道路下の配水管からの漏水の有無を調べます。


電子式漏水発見器による漏水調査状況


電子式漏水発見器

不審者にご注意ください

 漏水調査を行う職員または調査会社は、東京都水道局は職員カード、東京水道株式会社は委託調査員証明証を、調査会社は従事者証明証を常に携帯しています。
 水道局で実施した漏水調査でお客さまの敷地へ立ち入った際、事前のご説明等が足りず、調査後にお客さまが「不審者ではないか」と不安を抱かれ、警察にご相談された事例があり、ご迷惑をお掛けしました。
 お客さまにご不安等を与えないよう留意して行いますが、万一、不審に思われた際は以下「調査に関する問い合わせ先」までお問い合わせください。


東京都水道局職員カードの見本


調査会社の従事者証明証の見本


東京水道株式会社委託調査員証明証の見本

●水道局を装った悪質な訪問販売や詐欺が多発しています!

●悪質な水道修理業者にご注意を!!

調査に関する問い合わせ先

(23区) 支所給水課

所管区域 水道局連絡先(担当部署および電話番号)
千代田区 中央支所 給水課 電話番号 03-3256-6162
中央区
港区
文京区
台東区
豊島区
江東区 東部第一支所 給水課 電話番号 03-3640-4394
墨田区
江戸川区
荒川区 東部第二支所 給水課 電話番号 03-3802-2168
足立区
葛飾区
杉並区 西部支所 給水課 電話番号 03-5300-8511
中野区
新宿区
大田区 南部支所給水第一課 電話番号 03-3763-4431
品川区
世田谷区 南部支所給水第二課 電話番号 03-3420-1191
目黒区
渋谷区
練馬区 北部支所 給水課 電話番号 03-3999-5673
板橋区
北区

(多摩地区)多摩水道改革推進本部調整部技術指導課 TEL 042-548-5391

関連情報

●東京の漏水防止 令和3年度版

●漏水修繕の依頼先

 

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る