ページの先頭です

手続き・料金

水道料金・下水道料金のお支払い方法

口座振替によるお支払い 東京都水道局アプリよりお申込みができます!

 金融機関のお客さまの預(貯)金口座から自動的に水道・下水道料金等が支払えます。
 水道料金を口座振替でお支払いただくことにより、ご請求の金額から、月50円(年間600円)[税抜]を割引いたします。これは、初回の口座振替日に引き落とされた場合のみ適用されます。

便利な口座振替をぜひご利用ください
お申し込みは簡単です・お出かけ中でも安心です・料金を支払いに行くわずらわしさがありません

申込方法

※お申込みを行う前に、水道契約の開始手続きをお願いいたします。

◆インターネットでのお申込み
東京都水道局アプリにご登録されたお客さまは、アプリより口座振替のお申込みができます。

お申込み方法はこちらから
※東京都水道局アプリからのお申込みが可能な金融機関

・みずほ銀行 ・三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・りそな銀行
・朝日信用金庫 ・さわやか信用金庫 ・東京東信用金庫 ・西武信用金庫
・城北信用金庫 ・巣鴨信用金庫 ・青梅信用金庫 ・多摩信用金庫
・ゆうちょ銀行      

※インターネットでお申込みいただくと、2日程度でお手続きが完了いたします。
※電話で開始をお申込みいただいた方は、お申込みの翌日(土・日・祝日を除く)以降にアプリへの登録が可能です

◆金融機関・ゆうちょ銀行窓口でのお申込み
窓口で、通帳・印鑑・お客さま番号のわかるもの(検針票等)をご持参のうえ、お申込みください。
23区及び多摩地区26市町の水道料金等のお取扱い金融機関一覧(136KB)

◆郵送でのお申込み
申込書を返送用封筒とともに郵送します。23区内にお住まいの方はお客さまセンターまで、多摩地区26市町にお住まいの方は多摩お客さまセンターまでご連絡ください。

◆水道局窓口でのお申込み
23区内は水道局営業所、多摩地区26市町は水道局サービスステーションでもお申込みができます。

<注意事項>

※手続きの際には、お客さま番号が必要となります。検針票や請求書等にお客さま番号が記載されておりますので、事前にご確認ください。

※既に、口座振替によるお支払いをされているお客さまで、振替口座の変更をご希望される場合は、再度新規のお申込みが必要となります。

※窓口や郵送でのお申込みの場合、手続きが完了しましたら郵送でお知らせいたしますので、お申込み内容をご確認ください。

※窓口や郵送でのお申込みの場合、口座振替のお手続き完了まで、お申込みをいただきましてから、1~2か月程度かかる場合があります。

※お手続きが完了するまでは、従来のお支払い方法によりお支払いいただくことになります。

口座継続

 23区内及び多摩地区26市町で水道を使用され、水道料金を口座振替払いされている場合、お引っ越し後も転居前の振替口座を引き続きご利用いただけます。使用開始のお届けの際、転居前のお客さま番号とともにお申し出ください。

口座振替日指定サービス

 「口座振替日指定サービス」にお申込みいただきますと、口座からの引き落とし日をお客さまのご希望日(偶数日のみ)に指定することができます。

◆インターネットでのお申込み
東京都水道局アプリにご登録されたお客さまは、インターネットからお手続きいただけます。
東京都水道局アプリのご登録はこちらから

◆郵送でのお申込み
申込書をご希望の送付先へ郵送します。23区内にお住まいの方はお客さまセンターまで、多摩地区26市町にお住まいの方は多摩お客さまセンターまでご連絡ください。

<注意事項>

※口座振替日指定サービスは、口座振替を登録済みのお客さまに限ります。
(クレジットカード払いのお客さまは、各カード会社の指定日となります。)

※振替日の指定は、「偶数日」の中からお選びいただけます。

※指定された振替日が金融機関等の休業日にあたる場合は、振替日は直後の金融機関営業日の偶数日になります。(30日を指定され、振替月が2月の場合は3月最初の金融機関営業日の偶数日が振替日となります。)

※指定された振替日と休日の関係などにより、2か月ごとの検針のお客さまは、2か月ごとの振替にならないことがあります。また、毎月検針のお客さまは、2か月分が同日に振り替えられることがあります。

※預金残高不足等により指定日に振替ができなかった場合は、水道局の定めた日に再振替させていただきます(指定された日に振替できません)。

※一度指定した口座振替日の変更のお手続きは新規に申し込まれる場合と同様に、再度お申込みください。

クレジットカードによるお支払い 東京都水道局アプリよりお申込みができます!

クレジット払い参考 ◆クレジットカード払いとは
クレジットカード払いとは、事前に登録し、継続的にクレジットカードでお支払いいただく方法です。
お客さまに代わって、クレジットカード会社が水道局に水道料金・下水道料金を立替払いします。
クレジットカード会社は立替払いした金額を、お客さまにクレジットカード利用代金として請求することとなります。

※お支払窓口でクレジットカードを提示され、直接お支払いただく方法ではありません。

 

 

◆ご利用いただけるクレジットカード
以下のマークがあるクレジットカードでお支払いいただけます。

お支払いいただけるカード(17種):ビザカード、マスターカード、アメリカン・エキスプレス・カード、ジェーシービーカード、ダイナーズクラブカード、イオンカード、エポスカード、オリコカード、セゾンカード、ジャックスカード、セディナカード、オーエムシーカード、シーエフカード、ティーエスキュービックカード、エムユーエフジーカード、ディーシーカード、ユーエフジェイカード、ニコスカード、ユーシーカード、ライフカード、楽天カード

◆ご利用にあたって

  • 『口座割引』(一月あたり50円[税抜])の適用はされません。
  • 水道局から領収証書は発行いたしません。
    クレジットカード会社から届く利用明細書等でご確認ください。
  • お支払い回数は1回払いとさせていただきます。
  • クレジットカード払いのご登録が済んでおりましても、クレジットカード会社の規定又はその他の事務処理上の都合などによりクレジットカード払いができない場合は、水道局から請求書を送付させていただきます。
  • クレジットカード会社の締切日と水道局の検針日との関係又はその他の事務処理上の都合により、2か月に1回の検針であっても、クレジットカード会社からの請求月が連続する場合や、2か月以上の間隔をあけて請求される場合があります。
  • なお、既にクレジットカードによるお支払いをされているお客さまで、クレジットカードの変更をご希望される場合は、再度新規のお申し込みが必要となります。
  • カード番号や有効期限が変更になった場合、お客さまにお知らせすることなく、新しいカード番号又は有効期限がクレジットカード会社(東京都水道局と契約しているカード会社)より東京都水道局に通知され、クレジットカード払いが継続されます。
    上記以外のクレジットカード会社のカードについては、継続できない場合がありますので、継続の可否については、クレジットカード会社へお問い合わせください。
    継続できない場合、その後もクレジットカード払いを希望される場合は、再度お申込みください。

東京都水道局と契約しているクレジットカード会社はこちら

◆インターネットでのお申込み

 東京都水道局アプリにご登録されたお客さまは、アプリよりクレジットカードによるお支払いのお申込みができます。
東京都水道局アプリのご登録はこちらから

※電話で開始をお申込みいただいた方は、お申込みの翌日(土・日・祝日・年末年始を除く)以降にアプリへの登録が可能です。

※手続き完了まで、お申し込みいただきましてから1か月程度かかる場合があります。

◆郵送でのお申込みについて

  • 申込みをご希望される方は、「水道料金・下水道料金クレジットカード払い申込書」を郵送にてお送りいたしますので、お客さまセンター又は多摩お客さまセンターまでご連絡ください。
  • 申込書に記載されている「水道料金等のクレジットカード払いに関する約定」をよくお読みいただき、必要事項をご記入のうえ、ご郵送ください。
  • ご利用されているクレジットカードによっては、クレジットカード会社の専用申込書やホームページからお申し込みいただける場合もあります。
  • 以下のクレジットカードについては、クレジットカード会社のホームページからお申し込みいただけます(マークをクリックするとカード会社のホームページに移動します)。
AEON Orico Cedyna Cedyna OM
CF MUFG DC UFJ uc

MUFGカードについてはVisaもしくはMasterCardをご利用のお客さまのみお手続きいただけます。

※手続きが完了しましたら郵送でお知らせいたします。

※手続き完了まで、お申し込みいただきましてから1か月程度かかる場合があります。

※すでに請求済みの料金につきましては、クレジットカード払いの対象とはなりませんので、従来のお支払い方法でお支払いいただきます。

◆クレジットカード払い継続
 23区内及び多摩地区26市町での転居の場合、引っ越し後も転居前にご登録いただいたクレジットカードを引き続きご利用いただけます。使用開始のお届けの際、転居前のお客さま番号とともにお申し出ください。

※クレジットカード払いの継続につきましては、転居前と引っ越し後のご契約名義が同一の場合に限らせていただきます。

東京都水道局アプリによるお支払い

 東京都水道局アプリを登録した場合、東京都水道局アプリ上で決済することができます。
 東京都水道局アプリによるお支払いをご希望の場合にはお客さまセンター又は多摩お客さまセンターへご連絡ください。
※アプリ内で発行方法:紙を選択された場合は請求書が発行されます。

 東京都水道局アプリのご登録はこちら

 

東京都水道局アプリでは以下のキャッシュレスによるお支払いが可能です。

◆クレジットカード都度払い
※お支払いの上限は999万9999円となります。

◆スマートフォン決済

  • PayPay
    ※お支払いの上限は過去24時間で50万円及び過去30日で200万円です。
  • LINEPay
    ※お支払いの上限は1回当たり49,999円です。請求金額が5万円以上の場合はご利用いただけません。
  • auPAY
    ※お支払いの上限は1回当たり30万円及び1日当たり合計50万円です。請求金額が30万円を超える場合はご利用いただけません。
  • FamiPay
    ※お支払いの上限は1回当たり10万円です。請求金額が10万円を超える場合はご利用いただけません。

請求書によるお支払い

料金のお取扱い窓口で直接お支払いください。 請求書を検針時に水道ご使用場所で発行、又はお客さまが指定した請求先に郵送いたします。下記「料金のお取扱い窓口」で直接お支払いください。

◆請求書の発行について

 検針時に、「水道・下水道ご使用量等のお知らせ」(検針票)とともに請求書を発行いたします。
 なお、次に該当する場合は、請求書を郵送でお送りいたします。

  • 検針日に、検針が行えなかった場合
  • 請求先の指定がある場合
  • 光が丘地区にお住まいのお客さま
  • ご使用開始後初回及びご使用中止分のご請求

 上記以外でも、都合により郵送となる場合があります。また、請求書の郵送をご希望の場合には
お客さまセンター又は多摩お客さまセンターへご連絡ください。
※東京都水道局アプリに登録されている方で、発行方法をアプリに選択されている方は、請求データがアプリに送信されます。

請求書見本多摩地区では令和4年1月より一部請求書の様式が変更になりました

 定期検針時にお届けする請求書には、請求書を発行した委託会社(東京都水道局水道料金等徴収事務受託者)の会社名及び社印が表記されていますが、これは検針地域によって異なります。
委託会社一覧
※ 郵送にてお送りする請求書につきましては、委託会社の会社名及び社印に代わり、「東京都水道局長 公印」が表記されます。

詐欺にご注意!

 検針員が定期点検時に請求書を発行しますが、その場でお金をいただくことはありません。

◆料金のお取扱い窓口

・金融機関

 都内にあるほとんどの店舗、又は都外の店舗でもお取扱いをしている場合がありますので、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

・ゆうちょ銀行

・コンビニエンスストア

 くらしハウス、スリーエイト、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソン
 MMK(マルチメディアキオスク)端末設置店

※ただし、店舗のレジ等に設置されている、「公共料金収納専用型MMK端末」によるお取扱いに限ります。

スマートフォン決済によるお支払い

 請求書に記載されているバーコードをスマートフォンのカメラで読み取り、電子マネーにより決済を行うことができます。
 ご自宅はもちろん、どこからでも簡単な操作でキャッシュレスによるお支払いができます。請求書の支払期限内であれば、いつでもお支払いができます。
 お支払い後も、領収印のない請求書がお客さまのお手元に残ります。料金を二重に支払うことのないよう、ご注意ください。
 お支払い履歴は、各種スマートフォン決済アプリ内の履歴等をご確認ください。

※スマートフォン決済アプリのダウンロード及びご利用にかかる通信料は、お客さまのご負担となります。

※ご利用には、スマートフォン決済アプリのダウンロード、登録及びチャージが必要です。

※領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、コンビニエンスストアや金融機関で現金でお支払いください。

※口座振替、クレジットカード払いからスマートフォン決済によるお支払いへ支払方法の変更を希望されるお客さまは、お客さまセンター又は多摩お客さまセンターへご連絡ください。

 

PayPay請求書払い

◆PayPayは、PayPay株式会社が提供するサービスです。

◆PayPayでお支払いいただける金額の上限は、過去24時間で50万円及び過去30日で200万円です。

◆PayPay請求書払いについての説明は、PayPayのホームページでご確認ください。

また、PayPay請求書払いでは、請求内容をPayPayアプリで直接お知らせするサービスを実施しています。請求書に記載されているバーコードをスマートフォンのカメラで読み取る必要がなくなり、より簡単にお支払いができます。(請求書の電子配信への切り替え方法はこちら)

PayPayによる請求書の電子配信の終了について
現在PayPayで行っている請求書の電子配信については、令和5年3月31日に終了いたします。
なお、新規申込受付については、令和4年12月15日をもって終了いたします。
(請求書のバーコードを読み取り、支払うことのできるサービスについては今後も利用可能となっております。)

※令和4年10月1日より「東京都水道局アプリ」をリリースしました。詳細はこちら

LINE Pay請求書支払い

◆LINE Payは、LINE Pay株式会社が提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり49,999円です。金額が5万円以上の請求書は、ご利用いただけません。

◆LINE Pay請求書支払いについての説明は、LINE Payのホームページでご確認ください。
 

PayB払込票決済

◆PayBは、ビリングシステム株式会社が提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり30万円及び1日当たり合計30万円です。金額が30万円を超える請求書は、ご利用いただけません。

◆PayB払込票決済についての説明は、PayBのホームページでご確認ください。
 

楽天銀行コンビニ支払サービス

◆楽天銀行コンビニ支払サービスは、楽天銀行株式会社が提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり30万円です。金額が30万円を超える請求書は、ご利用いただけません。

◆楽天銀行コンビニ支払サービスについての説明は、楽天銀行のホームページでご確認ください。
 

au PAY(請求書支払い)

◆au PAYは、KDDI株式会社が提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり30万円及び1日当たり合計50万円です。金額が30万円を超える請求書は、ご利用いただけません。

◆au PAY(請求書支払い)についての説明は、au PAYサイトでご確認ください。

 

FamiPay(請求書支払いサービス)

◆FamiPayは、株式会社ファミリーマートが提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり10万円です。金額が10万円を超える請求書は、ご利用いただけません。

◆FamiPay(請求書支払いサービス)についての説明は、FamiPayサイトでご確認ください。

 

d払い(請求書払い)

◆d払いは、株式会社NTTドコモが提供するサービスです。

◆お支払いいただける金額の上限は、1回当たり30万円です。金額が30万円を超える請求書は、ご利用いただけません。

◆d払い(請求書払い)の詳細については、d払いサイトでご確認ください。

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る