ページの先頭です

水道事業紹介

水道局の重要な政策情報

持続可能な東京水道の実現に向けて 東京水道長期戦略構想2020

 この将来構想は、東京水道の目指すべき将来の姿と、その実現に向けた取組の方向性を示す基本構想であり、今後の事業運営全般についての基本的な方針となるものです。
 今後は、中期経営計画の策定の都度、その時点の社会経済情勢の変化やリスクなどを的確に見込んでいくことで、将来とも持続可能な東京水道を実現していきます。

東京水道経営プラン2021~お客さまとの信頼で築く強靭な東京水道~

 本経営プランは、「東京水道長期戦略構想2020」で掲げた目指すべき将来の姿を実現するため、令和3年度から令和7年度までの5年間に取り組む施策の事業計画と財政計画を明らかにした中期経営計画として策定したものです。

東京水道イノベーションプロジェクト

 本プロジェクトは、2018年国際水協会(IWA)世界会議・展示会や、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、さらにその先の将来を見据え、多様な主体と連携し、世界一の東京水道システムをさらに進化させ、国内外へ発信するプロジェクトです。

東京水道長期構想 -STEPⅡ-

 本計画は、「東京水道新世紀構想―STEP21―」に続く、新たな施設整備長期構想として、これからおおむね四半世紀の間に行っていく施策の方向を示した基本構想であり、今後の水道施設整備の指針となるものです。

東京水道施設再構築基本構想

 本計画は、平成18年策定した「東京水道長期構想 STEPⅡ」に掲げたものを含め、今後取り組むべき水道施設整備のうち、再構築に関わるハード面の整備について、長期的な観点からその方針を定めたものです。

東京水道施設整備マスタープラン

 本マスタープランは、「東京水道長期戦略構想2020」で掲げた目指すべき将来の姿を実現するため、令和3年度から令和12年度までの10年間の施設整備の基本計画として、中長期的な方向性を明らかにし、具体的な取組を定めたものです。

東京水道基幹施設再構築事業

 本事業は、水道システムの骨格を形成する導水施設、浄水場、送水管及び給水所が機能停止した場合の広域断水等のリスクを回避するため、今後10年間に重点化して取り組む基幹施設整備の方向性・効果及び具体的な取組を取りまとめたものです。

問い合わせ先

水道局サービス推進部
サービス推進課

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る